プログラミング教育ってなんだろう? #1「黒背景に文字がドバーっとなるやつ?」

スポンサーリンク

プログラミング教育で扱うプログラミングとは?

「黒背景に白い文字がドバーっとなるやつ?」

小学校における新学習指導要領が2020年度から始まります。

その中で、プログラミング教育という、新しい言葉に注目が集まっています。

プログラミング?

プログラミングって聞くと、何を思い浮かべる?

そうだなぁ。
とりあえず、プログラミングってものすごく難しそうなイメージがあるよ。

具体的には?

映画とかで見るけど、
黒背景に文字がドバーってなるの?

黒背景に文字がドバーっと書かれている画面の画像

あー。うん、分かった。

文字主体のプログラミング言語、特定の言語は教えません

プログラミング教育では、プログラミング的思考を身につけさせるために、プログラミングを手段として用いますが、プログラミング言語を用いてコーディングすることを目的としません。プログラミングをするとしても、Scratchといった、簡単にプログラミングができるものを使います。

議論のとりまとめでも、以下のように述べています。

小学校段階におけるプログラミング教育については、学校と民間が連携した意欲的な取組が広がりつつある一方で、コーディング(プログラミング言語を用いた記述方法)を覚えることがプログラミング教育の目的であるとの誤解が広がりつつあるのではないかとの指摘もある。“小さいうちにコーディングを覚えさせないと子供が将来苦労するのではないか”といった保護者の心理からの過熱ぶりや、反対に“コーディングは時代によって変わるから、プログラミング教育に時間をかけることは全くの無駄ではないか”といった反応も、こうした誤解に基づくものではないかと考えられる。

小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について(議論の取りまとめ):文部科学省

まとめ

  • 小学校におけるプログラミング教育は、コーディングを教えるのでは無い
  • ブロックを組み立てるような、簡単なプログラミング作成を通して、「プログラミング的思考」を育てることが目的
FavoriteLoadingクリップする
記事の評価