堀田先生のインタビュー記事「学校ITに必要なコト」がITproに掲載されています

最新ニュース

「小学校段階における論理的思考力や創造性、問題解決能力等の育成とプログラミング教育に関する有識者会議」において、主査を務められ、また「学校におけるICT環境整備の在り方に関する有識者会議」においては座長を務められた、東北大学大学院情報科学研究科 堀田龍也教授のインタビュー記事が、ITProに掲載されています。
(会員登録が必要な記事です)

シンガポールや北欧が先行、出遅れる日本の学校IT
 日本における学校におけるIT環境の整備は、世界的に見ても大幅に遅れている。文部科学省が開催した「学校におけるICT環境整備の在り方に関する有識者会議」の座長を務めた東北大学大学院情報科学研究科 堀田龍也教授に、学校におけるIT環境の現状と今後について聞いた。
「Officeソフトとクラウドがあればたいていのことはできる」、学校IT
 「ICTは子供たちのためになる」。いち早くICTを導入した学校の取り組みが予算が限られる中で今も続いているのは、現場の教員たちに確信があるからだ。調べる力、発表する力など、子供たちの様々な能力が育っている。
「どこまで我慢できるか」、学校IT整備の最低ライン
 有識者会議は、学習者用端末の必要台数として「3クラスに対して1クラス分」との目安を示した。これは、過去の様々な実践を通じて蓄積された知見を基に導き出された値だった。

どれもプログラミング教育、それに伴うICT環境整備に関係する重要な話ですので、是非ご一読ください。

FavoriteLoadingクリップする
記事の評価

コメント